補聴器選びのための聴力測定・補聴器フィッティング ~ 和光メガネで補聴器を選ばれるお客様に行う精密な聴力測定・きめ細かな補聴器フィッティング

聴力測定

●純音測定

一般的な聴力測定です。オージオメータという測定器を用いて測定します。オージオメータは、健聴の人が各周波数の音がやっと聞こえ始めたときの音の大きさを基準(0dBHL)にして聴力を測定するものです。

【気導聴力測定】

ヘッドホンを耳に被せて行う測定です。音をだんだん大きくし,音が少しでも聞こえ始めた時の音の大きさを測定します。この測定で正常な耳との聴力の差がわかります。

【骨導聴力測定】

・・・難聴の種類がわかることがあります

耳(耳介)の後ろの少し突起した個所に骨導受話器をあて、気導測定と同じ要領で測定します。外耳道や中耳を通さず、内耳に音を伝えます。聴力低下の原因がどの部位で生じているのかを判定します。

●語音聴力測定

言葉の音が小さすぎると聞こえません。しかしながら、音を大きくすれば必ずしも聞き取り易くなるものでもありません。この測定では、音を大きくすると言葉の聞き取りがどの程度改善されるかを測定するものです。

【語音明瞭度測定(語音弁別測定)】

「あ」や「い」などの単音節で構成された言葉を聞きながら、聞こえた言葉を回答用紙に記入します。言葉をどれだけ正確に聞き取れるかを測定します。

お客様にあわせた調整「フィッティング」とは


ひとくちに「聞こえ」といっても、その状態は人それぞれ。
補聴器をお客様の「聞こえ」の状態にあわせて調整するプロセス「フィッティング」には、数多くの方法があります。

  • ●ひそひそ声の会話・普通の声での会話など全体が聴きとりづらい方
  • ●音は聞こえているが「ことば」が聴きとりづらい方
  • ●後ろから呼ばれると聞こえづらい方
  • ●大勢の会話のなかで相手の声が聴きとりづらい方

機器のデジタル化・進化にともない、より正確な設定がしやすくなりましたが、ほんとうにその人に合うように、きめ細かく調整するのは、専門スタッフの役目です。

最初のフィッティングは「はじめの一歩」

ご来店時のフィッティングだけで最適な状態になる場合もありますが、さまざまな環境で実際に使ってみて、使いづらい・聞こえに違和感があるなどの場合は、さらに再調整していきます。

使いづらさを我慢したり、諦めたりする必要はありません。
何度でもたんねんに調整をかさね、お客様が心地よい状態に補聴器を近づけていきます。

試せるから、あんしん。補聴器無料貸し出し ご自宅で最長2週間まで無料でお試しいただけます
和光メガネのお店でみせて使える!WAKOクーポン デジタル補聴器ご購入で10,000円OFF
お近くの和光メガネ補聴器サロンをさがす
ページトップへ