和光メガネ 西那須野本店

栃木県那須塩原市下永田1-1006-24
0287-36-7533 0287-36-7475
水曜日
和光メガネ西那須野本店店長 : 店長 薗部 弘章

和光メガネ西那須野本店のHPをご覧頂きまして、ありがとうございます。
店長の薗部弘章(そのべひろあき)と申します。

季節の変わり目は、体調を崩しやすくなりますので、お気を付け下さい。
さて、朝晩、過ごし易い季節となって来ました。空を見上げると、空気も澄み渡り、夏より空がとっても高く感じます。そんな秋は、実は眼にとってとても危険な季節である事をご存知でしたか? 理由は幾つかあります。一つ目は、空気が澄んでいる為、紫外線が夏より直接肌や眼に到達すると言われています。二つ目は、「秋の夜長」「読書の秋」と言われ、眼が疲れやすくなる事で、眼の病気が多くなると言われています。眼が疲れていると、つい指でこすってしまう事で、「ものもらい」などに、罹りやすいと言われています。三つ目は、湿気のある夏から、乾燥した秋、冬になる事で、ドライアイになるリスクもUPすると言われています。過ごし易い季節と、ほっと一息付きたくなる所ですが、眼のケアはしっかり行いましょう。

乾燥から目を守るドライアイの癒し方

★部屋の湿度を一定に保つ

暖房の効いた部屋では空気が乾燥し、目が乾きやすくなります。また、湿度が下がって部屋が乾燥すると、ドライアイになりやすくなります。加湿器などを使って一定の湿度を保ち、乾燥から目を守るようにしましょう。

★ホットタオルで目をリフレッシュしよう

温かい蒸しタオルなどで目の周りを温め、血行が良くなる事で、ドライアイ(目の乾き)の症状がやわらぎます。目の疲れなどによるドライアイ(目の乾き)に効果的です。蒸しタオルを使用して心地よい温度とされる約40℃で目を温めると、低下したピント調節力やドライアイが改善するようです。

★まばたきの回数を意識的に多くする

まばたきは最も簡単にできるドライアイ対策です。パソコンをしているとき、集中しているとき、緊張しているときや、ストレスを感じているときなどは、まばたきの回数がかなり減っています。
成人の平均的なまばたきの回数は3~4秒に1回程度です。

★適切なメガネやコンタクトレンズを使用する

目に合わない矯正不足のメガネやコンタクトレンズの使用は、ドライアイ(目の乾き)の原因となります。自分の視力に合ったメガネやコンタクトレンズを使用してください。一番多いのは過矯正です。遠くを見たいという欲求から度数の強い眼鏡やコンタクトレンズをしている人に多いパターンです。 まずは、しっかりメガネを調整する事から、ドライアイ対策を始めましょう。

ご来店お待ち致しております。

スマホメガネ 遠くも、スマホも、とっても楽に見える
試せるから、あんしん。補聴器無料貸し出し ご自宅で最長2週間まで無料でお試しいただけます
補聴器電池6個入り1パック232円 どのメーカーの補聴器にも対応!お客様に安心して補聴器を使っていただけるようお求め安くしました。
和光メガネのお店でみせて使える!WAKOクーポン デジタル補聴器ご購入で10,000円OFF